ナンダ・コート スライド1 スライド4 スライド2 スライド3

登山計画書提出システムsangaku-entryなら誰でも簡単に登山計画書が提出できます。

2017.02.28 » 2か月 前

第二話 ブリキ製の丸型フィルム缶4缶に詰まった熱情


ナンダ・コート①35mmフィルムを保管していると知って駆け付けた東京・市ヶ谷の公益社団法人日本山岳会の会議室。8月4日午後1時半。真夏の昼下がりだと言うのに、クーラーの冷気ではなく、体に寒気を感じていた。

目の前におかれた35mmフィルムを納めたブリキ製の丸型缶4缶を開ける瞬間に立ち会えた、その緊張のせいなのだろうか。毎日映画社の古参社員が手慣れた手付きで缶を空け、フィルムを点検していく。

1936年10月5日。9月を過ぎて10月を迎えると、ヒマラヤの山々にはモンスーン接近の気配が漂っていた。立大山岳部の堀田弥一隊長と特派員の竹節たち隊員は一度、悪天候のため体力を消耗し、登頂を断念している。竹節はその際、重さ11㎏の撮影機アイモを山頂付近の雪の中に埋めて下山した。再アタックする場合に、撮影機を掘り出し、そこから撮影を開始したほうが体力の消耗を防げると考えた。堀田、竹節ら隊員は、雪庇がせり出した6000m付近に第4キャンプを張って一夜を明かし、この日、登頂の朝を迎えた。

頂上まで残り880m余り。

4缶目のフィルム缶に、登頂のシーンが納まっている。

むろん竹節の姿は、フィルムに映ることはなかった。が、堀田のほか山縣一雄、湯浅巌、浜野正男の立大山岳部員の勇姿と、シェルパ一人が頂きに立つシーンをフレームにきっちりおさめていた。

10月5日午後2時55分、登頂。

ナンダ・コート②

28分間のドキュメンタリー映画「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コート征服」のラストシーン。

「立った」「立った」「立った」

ナレーションを担当した男性アナウンサーが興奮した声を張り上げている。

このラストには逸話がある。男性アナウンサーは、映像を観ながらナレーションを吹き込んでいくのだが、目くるめく隊員達の登頂シーンに感極まって泣き出し、録音のとり直しをしている。

この映画は東京日劇第一地下劇場、新宿映画劇場などで封切られ、多く人を魅了した。

 

ナンダ・コート」初登頂80周年記念事業を実施するため、支援金を募集します。詳しくは「キャンプファイヤー:http://camp-fire.jp/projects/view/22150」をご覧ください。支援金はドキュメンタリー映画「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コット征服」(28分)の修復保存と発見された登頂テントのほか装備品、取材ノート、写真等の保存活動、ナンダ・コート再登頂隊の遠征費に充てます。
広告188x66_0221_ol_cs4

 

毎日新聞社の連載記事

1936 初登頂の軌跡/1 ヒマラヤの扉開く 立大隊の精鋭6人
1936 初登頂の軌跡/2 後進導いた克明映像
1936 初登頂の軌跡/3 創意工夫の国産装備
1936 初登頂の軌跡/4 51年後、レガシー継承
1936 初登頂の軌跡/5止 社会人の挑戦、後押し
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
あわせて読みたいブログパーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です