ナンダ・コート スライド1 スライド4 スライド2 スライド3

登山計画書提出システムsangaku-entryなら誰でも簡単に登山計画書が提出できます。

2017.03.09 » 4か月 前

第四話 青春を謳歌した佐渡山岳会とナンダ・コート


ナンダコット講演会・東京日々新聞

支援金を募る活動を開始した今月(3月)、本80周年記念事業実行委の一人、大蔵喜福の元に一通のメールが届いた。

メールに添付された集合写真には竹節作太が写っていた。

メールの主は新潟県佐渡市に在住する藤井与嗣明さん、68歳。藤井さんは現在、佐渡山岳会の歴史を調べている。

藤井さんは、集合写真のほか昭和13年(1938)6月8日付の東京日日新聞新潟版の記事も添えている。

「ナンダコット征服者 本社竹節氏を招いて 佐渡山岳会が講演会」

記事三段分の大見出しに引き込まれて記事を読み進めると「世界山岳史に驚異的偉業を残した立教山岳部」とあり、竹節は、撮影したドキュメンタリー映画「ヒマラヤの聖峰 ナンダコット征服」の上映と、講演会のため佐渡山岳会に招かれ、島内で4日間、4ケ所で講演すると紹介されている。竹節は直前まで北支戦線(中国)に派遣され取材をしていたともある。

藤井さんの調べによると、東京高等師範学校(東京教育大、現筑波大)の付属中学校桐蔭会山岳部が昭和6年4月1日、佐渡島のほぼ中央に位置する金北山(1171m)に登頂。下山中、猛吹雪に遭遇し、生徒2人と成人の案内人の計3人が命を落としている。佐渡山岳会はこの遭難事故をきっかけにして結成された。

結成当初は、有志的な集まりだった。しかし、昭和12年(1937)ころには会員も増え全島的な組織に拡大して行った。

全島組織に成っていく佐渡山岳会と同じころ、立教大学山岳部も遠きヒマラヤを目指し、研鑽を重ね青春の輝きを放っていた。

ナンダ・コート初登頂の翌、昭和12年には、北京郊外で盧溝橋事件(7月)も勃発し、泥沼の日中戦争へとのめり込んでいく。

藤井さんは佐渡山岳会史を調べる動機を次のように語る。

「戦争に向かう時代にあっても(佐渡山岳会)会員達は山を通して在りし日の青春を謳歌していました。先輩の皆様の記録を残していきたいのです」

今年2017年、アジアの多くの国々の人達にとって日中戦争80年の節目の年でもある。

今回、ナンダ・コート再登頂を目指す隊長を務める大蔵喜福は「平和の象徴として80年前と同じルートを登りたい」と計画している。

ナンダ・コート」初登頂80周年記念事業を実施するため、支援金を募集します。詳しくは「キャンプファイヤー:http://camp-fire.jp/projects/view/22150」をご覧ください。支援金はドキュメンタリー映画「ヒマラヤの聖峰 ナンダ・コット征服」(28分)の修復保存と発見された登頂テントのほか装備品、取材ノート、写真等の保存活動、ナンダ・コート再登頂隊の遠征費に充てます。
広告188x66_0221_ol_cs4

 

毎日新聞社の連載記事

1936 初登頂の軌跡/1 ヒマラヤの扉開く 立大隊の精鋭6人
1936 初登頂の軌跡/2 後進導いた克明映像
1936 初登頂の軌跡/3 創意工夫の国産装備
1936 初登頂の軌跡/4 51年後、レガシー継承
1936 初登頂の軌跡/5止 社会人の挑戦、後押し
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
あわせて読みたいブログパーツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です